環境・省エネ、ビルオートメーション、工事関連、エネルギー診断などは株式会社アースネットワークスへ

TEL:03-5809-9045資料請求・お問い合わせ

環境・省エネ事業Environment and energy

新電力(PPS)への窓口業務

より割安な電力を購入するお役に立ちます!
※弊社は、イーレックス(株)の正規代理店です。

●電力の小売自由化とは

概要
2000年3月より、自由化対象のお客さまは、電気事業者を選択することが可能になりました。これは航空・通信・金融の各業界で行われてきた規制緩和の一環であり、また、国際的に割高な電気料金を競争原理の導入により引き下げ、国際競争力の回復を図るという背景があります。

○自由化のメリット

1.多様なサービスや価格を選択することができます。
2.月々の電気料金をが引き下げられます。

○自由化対象の範囲
業務用/産業用 受電電圧 需要規模 自由化
特別高圧 20,000V以上 自由化対象(2000年4月~)
高圧 6,000V 500KW以上 自由化対象(2004年4月~)
50KW以上 自由化対象(2005年4月~)
低圧/電灯 100V~200V 2013年以降検討開始
○『特別高圧』のお客さま
特別高圧

・受電電圧2万V以上、原則2,000KW以上の使用規模。
デパート・ホテル・病院・大学・オフィスビル・官公庁施設・工場・複合施設などの大規模な施設

○『高圧』のお客さま
高圧

・受電電圧6,000V、50KW以上の契約規模。
スーパー・レジデンスビルなどの小規模な施設

○『低圧・電灯』のお客さま
低圧・電灯

・『低圧』受電電圧100V以上及び『電灯』受電電圧100V未満のお客さまは2013年以降自由化が検討される見通し。
商店・コンビニエンスストア・一般家庭など

●自由化の仕組み

イーレックスは、契約発電設備が供給する電気を、電力会社の送電線網を使用することで、お客さまにお届けします。お客さまが受電される電気の安定性・信頼性は、一切変わりません。なお、ご契約にあたり、新たな設備投資は不要です。

自由化の仕組み

●供給実績

関東地区
  
官公庁関係
東京国税局76税務署、内閣府/永田町合同丁舎等2施設
横浜地方検察庁/横須賀支部等4施設、横浜地方法務局11施設
山梨労働局等6施設、水戸地方法務局9施設、群馬労働局5施設
横浜市立34中学校、平塚市立43小中学校
平塚市/本庁舎等3施設、川崎市/本丁舎等2施設
あきる野市/市民球場等14施設、立川市/健康会館等22施設 等
民間企業
事務所ビル、幼稚園・小・中・高・大学、ロードサイド店舗、結婚式場 指定管理者が管理している施設(市民会館、体育館、トレーニングセンター)等

お問い合わせContact

●新電力(PPS)への窓口業務

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。